医療法人社団 山中眼科クリニック 御影分院
日帰り白内障手術、各種手術対応

  • 【ご予約優先・当日来院も可能】
    078-841-4113

ホーム > 医院紹介

医師紹介

ホーム > 医院紹介

担当医一覧

診療担当医
手術担当医

医師紹介

院長:山中 昭夫

院長 山中 昭夫

[ 医師・医学博士・眼科専門医 ]

神戸海星病院では、院長・理事長として白内障人工水晶体手術や網膜硝子体手術など先進的医療の導入および標準化に、関わってまいりました。
日帰り白内障手術センターである当院において、この知識と経験を皆さまの眼の治療に、ぜひとも役立てたいと思っております。

プロフィール

神戸海星病院において、 白内障眼内レンズ(人工水晶体)挿入手術を兵庫県で初めて行った。また 硝子体手術(vitrectomy)も兵庫県で初めて施行した。

その後、同病院において白内障および硝子体手術の先進的手技を次々と導入。国内外で白内障手術及び硝子体手術の発展に貢献し、現在広く行われているさまざまな術式の礎を築いた。現在は医療法人財団 神戸海星病院 名誉理事長を務めながら『特別養護老人ホーム うみのほし』、『うみのほし魚崎』の理事長としても就任中。

国際標準化機構(ISO/TC172/SC7/WG7)眼科・エキスパートメンバーでもある。

略歴

1957年
神戸医科大学(神戸大学医学部旧称) 卒業
1958年
第24回医師国家試験 合格
1962年
神戸医科大学 大学院 医学研究科 眼科学修了 医学博士号 取得
赤穂市民病院 眼科院長 就任
1964年
神戸医科大学 眼科 助手(講師)
1966年
神戸大学 医学部 文部教官 助手
1972年
神戸海星病院 眼科医長 就任
1989年
医療法人財団 神戸海星病院 理事長・病院長 就任
1998年
社会福祉法人 神戸海星会 理事長 就任
2005年
医療法人財団 神戸海星病院 理事・名誉理事長 就任
2009年
眼科やまなか医院院長就任

受賞

1989年
兵庫県科学賞 受賞
1991年
兵庫県医師会功労賞 受賞

その他経歴

  • 昭和大学客員教授
  • 三重大学非常勤講師
  • 兵庫医科大学非常勤講師
  • 神戸大学講師
  • 日本眼科学会評議員
  • 日本眼内レンズ学会理事
  • 生体材料学会副会長
  • IIIC(国際眼内レンズクラブ)副会長
  • ICBRO(眼科生体材料再生医学学際的クラブ)会長
正 健一郎

副院長 正 健一郎

[ 医師・眼科専門医・医学博士 ]

20年にわたり関西医科大学眼科に所属し、大学病院や関連病院で診療や手術の経験を積んでまいりました。

特に大学病院では加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症に対する新しい治療法である抗VEGF療法など、メディカル・レチナ(網膜疾患の注射やレーザー等による治療)を専門としてきました。

この経験を活かし、今後は眼科やまなか医院で地域の皆様のお役に立ちたいと思っております。丁寧な診療とわかりやすい説明をモットーに、かかって良かったと思っていただける眼科診療をめざして頑張ってまいります。

当院では眼科一般診療はもちろん、手術前・後のケア、手術の相談、レーザー治療、硝子体注射(抗VEGF療法)などを担当させて頂きます。

略歴

1996年
金沢医科大学医学部医学科 卒業
関西医科大学眼科学教室入局
1997年
市立吹田市民病院
2001年
関西医科大学大学院 修了
2003年
関西医科大学附属病院(助教)
2005年
博士号取得
2010年
医療法人蒼生会蒼生病院
2012年
大阪府済生会泉尾病院(医長)
2016年
関西医科大学附属枚方病院(教育医長)
森井 香織

チーフサージャン 森井 香織

[ 医師・眼科専門医・あさぎり病院眼科部長 ]

神戸大学医学部卒業後、神戸海星病院にて、当時院長・理事長であった山中昭夫(現 眼科やまなか医院院長)に師事し研鑽を積みました。現在は、あさぎり病院眼科部長として白内障はもちろん網膜硝子体疾患や眼瞼形成(まぶた)等、年間約1300件のさまざまな手術を多数行っています。

また、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術についても100例を超える実績があります。当院では白内障(多焦点眼内レンズ含む)、眼瞼形成(まぶた)、結膜疾患等の手術及び木曜日午前診察を担当しています。

専門分野

白内障・網膜硝子体手術、眼瞼形成手術

専門医・認定医など

  • ボツリヌス治療認定医
  • 屈折手術認定医
  • 日本眼科手術学会会員
  • 日本弱視斜視学会会員
  • 光線力学療法認定医
  • ICL認定医・アルチザン認定医
  • 日本眼科学会専門医
  • 日本眼内レンズ屈折手術学会会員
  • The American Society of Cataract and Refractive Surgery会員
理事長:山中 昭文

理事長 山中 昭文

[ 医師・医学博士・眼科専門医 ]

当法人は前院長、小林章男医師が「小林眼科(当院旧称)」として住吉の地で開業以来、半世紀にわたり地域に密着した眼科医療を目指してまいりました。
平成15年に当医療法人を継承して以降、私がこれまで培った知識と経験を生かし、自らが幼少期より育ったこの地域へのご恩返しをしたいとの想いで、日々患者さんに接しております。
平成17年1月には「眼科 やまなか医院(日帰り白内障手術センター)」を阪神御影に開設し、白内障等の手術も担当しております。
医療法人としてより高度な診療態勢を整える事により、今後もより良き「目のホームドクター」を目指してまいります。

プロフィール

神戸市立・御影北小学校、御影中学校出身の生粋の東灘っ子。
眼科診療全般をこなすが、アメリカ留学および福岡大学・大島健司教室での経験をいかし、飛蚊症、網膜剥離や糖尿病網膜症等の眼底疾患を得意とする。
医療法人社団 山中眼科クリニックの理事長として患者さん主体の医療を実践。

略歴

1991年
兵庫医科大学 卒業 医師免許 取得
兵庫医科大学(眼科) 臨床研修医 就任
1993年
兵庫医科大学(眼科) 臨床研修医 課程修了
兵庫医科大学(眼科) 大学院 入学
1994年
アメリカ・マイアミ大学 医学部 バスコンパルマー眼科研究所
留学(ジャン・マリー・パレル助教授に師事)
1997年
兵庫医科大学(眼科) 大学院 修了 医学博士号 取得
福岡大学 医学部(眼科)国内留学(大島健司教授に師事)、網膜・硝子体外科治療を研鑽
1999年
兵庫医科大学(眼科)助手 就任
2000年
汐咲会井野病院 眼科医長として出向
2001年
医療法人社団 小林眼科(山中眼科クリニック旧称)非常勤医師として勤務開始
2003年
医療法人社団 小林眼科(山中眼科クリニック旧称)常勤医師として勤務開始、院長・理事長に就任
2004年
医療法人社団 小林眼科から医療法人社団 山中眼科クリニックに法人名称変更
2005年
住吉コンタクトレンズセンター 管理医師に就任

校医担当校一覧

  • 神戸市立渦が森小学校
  • 神戸市立住吉小学校
  • 神戸市立御影小学校
  • 神戸市立御影幼稚園
  • 親和保育園

診療時間

9:30-12:30 ● ● ● ■ ● ●
15:00-18:30 手術 ● ● 手術 ● -

■ ・・・9:00-12:00

  • ※木曜午前診療の最終受付は11:30です。
  • ※午後診療の最終受付は18:30です。
  • ※担当医について詳しくはこちら

アクセス

眼科やまなか医院
〒658-0054
神戸市東灘区御影中町1丁目6-9
ウエダビル2F
【ご予約優先・当日来院も可能】
TEL : 078-841-4113

地図を見る

住吉本町本院:山中眼科クリニック