神戸市東灘区住吉本町の眼科
土日午後診療あり

  • 【お問い合わせ】078-851-9778
  • 【混雑状況確認】078-851-9901

ホーム > 診療案内 > その他の疾患

診療案内

ホーム > 診療案内 > その他の疾患

その他の疾患

黄斑疾患

黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔、その他

網膜のほぼ中央にある「黄斑」は視細胞が集中しており、視力そのものを決定づけるとも言える重要な部分です。
加齢によってこの黄斑部に異常が起こり、障害を起こすのが黄斑変性症(加齢黄斑変性)です。滲出性(しんしゅつせい)の場合は進行が早く、著しい視力低下の恐れもありますので、早急な受診が必要です。

当院では、黄斑疾患の診療を行っております。また、加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬(ルセンティス®・アイリーア®)の硝子体内注射や黄斑上膜(黄斑部網膜上膜形成症)の手術も行っております。

黄斑疾患の症状

  • 視界がゆがんで見える
  • 視界の一部が欠けている
  • 視力が急に低下した
  • 視野が部分的に見えづらくなる
  • まわりは正常だが、見ようとする中心部が見えにくい
  • 大きく見える、または小さく見える

結膜疾患(翼状片等)

結膜疾患結膜は、まぶたの内面と"しろ目"の前面をおおっている薄い半透明な膜です。まぶたの裏をおおう「瞼結膜(けんけつまく)」、瞼結膜から球結膜へと移る折り返し部分の「円蓋部結膜(えんがいぶけつまく)」、"しろ目"にあたる部分の「球結膜(きゅうけつまく)」の3つの部位に分かれています。

翼状片とは、側方の球結膜から病変部が先を角膜に向け、三角形状に角膜上に進んできたものです。原因は未だにわかっていませんが、ほこりや紫外線などによる外界の刺激との関連が推測されています。進行性のもので、瞳孔の上にまで進むと視力障害を起こしてきます。 そうなる前に手術をして取り除きます。まれに再発することがあります。

結膜弛緩症は、結膜がたるんでくるものです。個人差はありますが、これは老化現象で、60歳以上の方に多く認められます。これにより目がゴロゴロしたり、涙が出たり、何かが挟まっている感じなどの不快感がある場合には、手術で治療が可能です。

当院では、翼状片および結膜弛緩症などの結膜の手術を随時行っております。

診察待ち混雑状況

お電話またはホームページから、現在の混雑状況が確認できます。

混雑状況を確認

QRコードで確認
右のコードを読み込むと、スマートフォンからも混雑状況をお調べ頂けます。

診療時間

日・祝
10:00-13:00
15:30-19:00

 ・・・15:00-18:00

  • ※Liv休館日は休診となります。
  • ※木曜日が祝日の場合は診療いたします。
  • ※担当医について詳しくはこちら

検査等の受付時間

未経験者
コンタクト
診察終了1時間前まで
メガネ処方 診察終了1時間半前まで
散瞳・特殊検査 診察の終了1時間前まで
サイプレジン 午前または午後の診察開始時にご来院ください

≫ 受付について詳しくはこちら

アクセス

医療法人社団
山中眼科クリニック
〒658-0051
神戸市東灘区住吉本町1-2-1
JR住吉 Liv3階
TEL : 078-851-9778

地図を見る

眼科やまなか医院